ナースの一人暮らし、賃貸の夜間の騒音、生活音対策どうする?徹底解説します!

頑張るナースに必須なのは帰宅して落ち着ける部屋です。
例えば、隣人の騒音、生活音がしてゆっくりできない、眠れないは困りますね。
逆にナースが自分の出す生活音にも気をつけるポイントがあります。
賃貸を選ぶ前にしっかりポイントを押さえて充実の看護師ライフを送りましょう!
ページの先頭へ↑

ナースの賃貸騒音対策、隣人や上の階の住人の騒音、生活音は気になるかチェック

ナースは日勤夜勤があり、夜睡眠を取ることも昼間寝る場合もあります。
しっかり睡眠時間は確保したいものですが、隣人が夜間の話し声がうるさかったり、上の階の住人の足音がうるさかったり、賃貸マンションやアパートに住むとこういった問題はつきものです。
また、そういったもので当たると避けられない問題として、赤ちゃんや子供の鳴き声や走る音や、夜間に友人や彼女を頻繁に呼んで騒ぐ社会人や学生も居ます。
こういった問題はなかなか事前に察知することが難しいのですが予防策として、賃貸物件の見学の際に隣人や上の階、階下の住人が玄関に置いている物やゴミ捨て場の状況、外から見るベランダの様子から、自分が実際にこの賃貸に住んだ場合の音の間隔をイメージするという手もあります。
例えば玄関先に子供用三輪車や自転車が置いてあれば、ここには子供が住んでいるので子供の声がするだろうな、車いすや手押し車が置いてあれば、高齢の方が住んでいるのかもしれず夜は早く寝てくれるかもしれない、という予想ができます。
また、ベランダにゴミを溜めている住人が住む予定の賃貸の部屋に隣接して居ないか、ゴミ捨て場にマナーの悪いゴミの捨て方をしている人は居ないかなどチェックするのも、住んでいる住人の生活スタイルを想像するのに役立ちます。
ナースの一人暮らしでは上記のチェックは騒音の問題は勿論、治安のチェックを行う意味でも大事なポイントです。
ページの先頭へ↑

ナースの騒音対策、マンションの共有スペースや学校、公園の騒音があるかチェック

マンションの共有スペース、例えば共有の庭や雑談などできるスペースがあるマンションがある場合は、その場所がどのように使われているか見学をした時に確認したり、時間が空いた時に見に行ってみるのも良いでしょう。
ナースの一人暮らしで住んだ時、他の住人が共有スペースで生協の共同購入をはじめ、大きな声の雑談が部屋まで響いて来て夜勤明けで昼間寝ていたが寝られなかったという体験談もあります。
マンションで何かイベントがあったりの把握は事前にはなかなか難しいですが、共有スペースの張り紙などで何か行事があれば知ることができる場合もあるので、お部屋の見学の際は色んなところを注意して観察してみると良いでしょう。
また、近隣で講演や学校が近いかもチェックしましょう。
例えば公園とマンションが目と鼻の先だと、昼間に子供の遊ぶ声や夏休みのラジオ体操で毎朝集まってラジオの大音響が響く場合もあります。
ページの先頭へ↑

ナースの賃貸騒音対策、自分の日勤明けや夜勤明けの帰宅時の騒音が他の部屋に迷惑になっていないかチェック

今度は、ナース自身の日勤夜勤交代リズムの中での自分の生活音が周りに迷惑にならないかという問題について解説します。
ナースには例えば日勤夜勤交代制で3交代制ですと、準夜勤という日勤と夜勤の中間のものがあり、夕方に出勤して深夜2時ごろ自宅に帰宅という場合もあります。
ナースが準夜勤明けで車を運転して帰った場合、青空駐車場ですと問題無いのですが、門のシャッターなどがあるマンションの場合、シャッターを閉める音がうるさいという苦情が来た例もあります。
シャッターでもそうですが、深夜に音の出る作業をする場合は、シャッターをゆっくり閉めたりなど音への配慮は大事です。
忙しいナースは洗濯乾燥機も夜回したい場合もあるかもしれませんが、静音設計のしっかりした洗濯機で無い限りは無難に夜10時までには洗濯から乾燥まで全て終わるようにしていた方が良いでしょう。
ナースの騒音は隣人の音を防いで寝ることも大事ですが、自分が注意されて肩身の狭い思いをしない、ということも円満にナースの一人暮らし賃貸ライフを送る大事な秘訣です。
ページの先頭へ↑

ナースの賃貸騒音対策、部屋の構造で音の響きにくい構造のものを選ぶのも良い

ナースのお部屋の防音については、最初から防音に適した構造のお部屋を選ぶのも良いでしょう。
隣人によく騒ぐ子供が居る、ギターを弾く若者が居る、それらの音のしないくらい防音のしっかりした鉄筋コンクリート造(RC)の部屋を選ぶのも一つの方法です。
RC造の部屋は木造の部屋の10倍音をシャットダウンできると言われています。
更に上記よりも家賃は張りますが、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)も鉄筋コンクリート造より耐久性もあり、ナースの一人暮らしのお給料と相談してよりグレードの高い部屋を選ぶのもベストです。
ページの先頭へ↑

まとめ:他人と自分の騒音対策、部屋の構造の防音対策で、快適なナース生活を送ろう!

いかがでしたでしょうか。 日勤夜勤交代制のナースの騒音と生活音対策では、自分の部屋に隣接した部屋の住人の生活の様子を事前に予想したり、共有スペースや周りの施設のチェック、自分の音を出さない工夫、また更に防音の物件構造を選んだり、色々な方法がありましたね。
ナースが快適にお部屋で自分の時間を過ごすのにどれも大事なことですので、是非お部屋を決める際は注意してチェックしてみて下さいね。
もしナースのお部屋探して悩んだ時は、病院周辺で賃貸を探せる「ほすぴた賃貸」がオススメです。
もし夜勤明けで帰宅した時出来るだけ静かな環境で眠りたいけど「一からどうやって部屋探しをしたらわからない」と悩んでいるというナースは、ほすぴた賃貸サポートセンターにお電話をすれば、スタッフが丁寧に聞き取りをした内容で病院周辺の不動産会社を無料で紹介してくれるので、非常に便利です。
是非ご活用下さい。
頑張るナースが、静かにぐっすり眠れて安らげるお部屋と出会えるように、ほすぴた賃貸は応援しております。
ページの先頭へ↑

新着コラム

  • 【賃貸】家族の入院の付き添いで病院近辺に賃貸を借りたい
  • 【賃貸】新卒看護師さん必見!おすすめのお部屋【一人暮らし編】
  • 入院した人への正しいお見舞い方法、お見舞い金は?疑問を解消!
  • 【賃貸】オンコールで呼び出しのあるお医者さん必見!賃貸の選び方【家族住まい編】
  • 【夜勤めし】病院交代制勤務の看護師さんやお医者さんに!夜食にぴったり手抜きおかず!
  • 【看護師の一人暮らしのお部屋その2】クリニック(個人病院)勤務の賃貸
  • 【看護師の一人暮らしのお部屋その3】総合病院で日勤夜勤交代の賃貸
  • ナースの賃貸一人暮らしでペットを飼う時のコツ
  • ナースの一人暮らしのお部屋、看護師寮とアパート、マンションどちらがいいの?看護師寮のメリットとデメリットを徹底比較!

賃貸のことなら「賃貸スタイル」

賃貸スタイルCopyright(C) KG Intelligence CO.,LTD