お見舞いのための借りる部屋はマンスリーマンションがベスト?

看病コラム

お見舞いのための借りる部屋はマンスリーマンションがベスト?

お見舞い、病院に入院する家族の付き添いのためにマンスリーマンションを検討している方は必見!

マンスリーマンションを借りるとどんなメリットやデメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

マンスリーマンションを検討している方は、ぜひこの記事でマンスリーマンションの特徴をつかんでください。

ページの先頭へ↑

1.マンスリーマンションのメリット

1.1 すぐに部屋を借りる事ができる

マンスリーマンションは一般の賃貸と違って簡易的な審査になり、すぐに部屋を借りることができます。

「定期建物賃貸借契約書」という書類を書くことになりますが、その際契約者の身分証やお勤めの会社に在籍確認を取ることがある場合もあります。

それでも何日か日数を有する一般の賃貸の審査と比べれば早いものです。

この審査の早さゆえに、家族や親族の急な入院の付き添いにも柔軟に対応できます。

1.2 家具が備え付けである

マンスリーマンションには家具家電が備え付けられています。

入居に際して引越しや新たに購入する必要がありません。

例えば、病院に入院した家族の付き添いのために身の回りのことをしていると、好物の手料理を作ってあげたり洗濯物を持ち帰り洗って持って来てあげたりということをしたくなる時もあるでしょう。

そんな時、マンスリーマンションだと部屋のキッチンや洗濯機を使って、手料理や洗濯物を病院に持っていくことができます。

ホテルは室内に洗濯機やキッチンが無い場合が殆どなので、これはマンスリーマンションならではのメリットと言えるでしょう。

勿論自分の食事や洗濯も自分でできるので、外食や洗濯代行を頼まずとも自分の部屋のように暮らすことができます。

ページの先頭へ↑

2.マンスリーマンションのデメリット

2.1 長期間となると割高

家具家電が備え付けられ短期ニーズに対応できることから、家賃は通常の物件より割高の場合がほとんどです。

短期の場合はホテルに宿泊するよりリーズナブルですが、長期になると割高になってきます。

2.2 看護の期間がどのくらいになるか不明瞭

病気の家族のお見舞いの場合、看護の期間がどのくらいになるか不明瞭だと、先が見えずに延々とマンスリーマンションの家賃を払い続けることになります。

3ヵ月程度の滞在ならばマンスリーマンションでも問題ありませんが、それ以上になりそうであれば、通常の賃貸物件契約も視野に入れて比較検討してみましょう。

いずれにしても、看護がどのくらいの期間必要か、まずは医師としっかり相談をすることが必要です。

「ほすぴた賃貸」で病院に近い賃貸を探せますので、是非検索してみてください。
ページの先頭へ↑

3.まとめ

すぐに入居できて、ホテルよりも割安で自分の部屋のように暮らせるマンスリーマンション。

本記事では実際にマンスリーマンションを借りた場合のメリットやデメリットを紹介しました。

ご家族のお見舞いや看護のために病院の近くの物件をお探しの方は、病院の周辺の物件を便利に検索できる「ほすぴた賃貸」を是非ご覧ください。

ほすぴた賃貸
「ほすぴた賃貸」で病院に近い賃貸を探せますので、是非検索してみてください。
ページの先頭へ↑

看病コラム

  • 【賃貸】家族の入院の付き添いで病院近辺に賃貸を借りたい
  • 入院した人への正しいお見舞い方法、お見舞い金は?疑問を解消!

病院名で物件を探す

賃貸のことなら「賃貸スタイル」

賃貸スタイルCopyright(C) KG Intelligence CO.,LTD